たくさんの魅力がある!建物の壁面緑化について

Posted by

壁面緑化はどんな方法なのか

壁面緑化とは壁面をワイヤーやネットで固定して、植物を這わせて緑化することです。つるやヘデラといった植物が使われることが多く、表面温度を下げたり、熱が周辺に照り返すことを防止することが可能ですよ。冷房の負荷を減らすことができるので、室内も冷却効果で涼しくなります。また、壁の緑が多くの人の目に留まりやすく、道行く人に心地よさや安らぎを与えられるんです。屋上の緑化とともに注目されているのが、壁面緑化ですよ。

壁面緑化にはどんな種類があるか

壁面緑化にはいろいろな種類があります。まず壁面の上部にプランターを取り付けて、植物を這わせるという下垂タイプです。次に植栽基盤やプランターを壁面に設置することによって、植物をそこで成長させ下垂や登ハンさせる基盤造成型もあります。このような壁面緑化はメンテナンスをしっかり行うことも重要です。成長しやすい植物は電線への巻きつきなどに注意しましょう。メンテナンスの方法としては剪定や壁面を固定する道具の確認などがあります。

建物の壁面を緑化するメリットについて

壁の温度を低減することができる壁面緑化は、ヒートアイランド現状を緩和する効果があります。また、断熱効果によって省エネにもつなげられるんです。そして、建物を緑で覆うことにより、温度が変化することで起こる圧縮や膨張が原因のひび割れも防ぐことが可能です。さらに断熱効果や紫外線カットによって、建物を長持ちさせることができますよ。マンションや立体駐車場、商業施設など多くの場所でこのような壁面緑化された建物はみられます。

壁面緑化には建物の温度上昇を抑制する効果があるので、室内への熱の流入を大幅に削減することができます。